活動紹介

美祢青年会議所は、仲間たちと活動に取り組みながら、
様々な機会を通じて成長していける団体です。

一般社団法人 美祢青年会議所について

1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。
1966年5月20日、美祢青年会議所は全国で324番目のロムとして承認を受け、これまでに地域発展への貢献や社会をリードする人材育成を目的として活動して参りました。
各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。
会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。

まちづくりを通じて自分自身が成長できる

青年会議所とは「まちづくり」を通して「ひとづくり」を行っている団体です。
様々な事業の構築を通じて、誰もがリーダーになれる機会が与えられています。
また、数々のフォーラムやプログラムを通じて、青年経済人としてさらに成長できるビジネスの機会も数多く与えられています。
青年kが異議書は、人と人との出会いで自分自身が磨かれ、成長の場が与えられる団体です。

SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでおります。

美祢青年会議所でもSDGsを達成するために貢献しております。